非常時に電気を使いことの出来る太陽光発電

太陽光発電で最初に考えるメリットというのは、電気代を安くすることが可能ということになります。
これは太陽光発電の設置の動機になっている人も多く、場合により黒字になるケースもあるのです。太陽光発電というのはもちろん初期費用が発生してしまいますが、約10年〜20年で初期費用の元を回収することが出来ます。
そんな太陽光発電を設置することで天災時などの非常用電源として有効的に利用することが出来るのです。 日に日に太陽光発電を設置するご家庭が増えてきており、現在では自然再生エネルギーが注目されています。
貴方の自宅に太陽光発電が導入されれば、きっとこれまで考えられなかったほどの節電が実現することでしょう。ここ最近になって自然災害が全世界で起こっていますが、そのような時にライフラインが遮断してしまうことがあります。
そのような時に電気だけでも使えるようにしておきますと、後々便利になってくること間違いありません。



非常時に電気を使いことの出来る太陽光発電ブログ:22-09-13

こんにちは

ダイエットを行う場合、
24時間の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
身体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい身体になってしまいます。

ダイエットを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
ダイエットのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に身体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
ダイエットに必要な24時間の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
2週間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=24時間の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
24時間の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2〜3kg減らした体重を目安に、
24時間の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜